ZEN ロゴ
ZEN プロファイル  
ZEN
702ZE-i
701ZE
102ZE
902ZE
903ZW
サイズリスト
ZENテクノロジー
コンパウンド
プロファイル
コンストラクション
HITES
T.M.S
z.environment
TECHNOLOGY:プロファイル
タイヤの成長状態を、最初から予測して設計する。
シミュレーション
D.I.P.M.(ダブル・インフレーション・プレッシャー・メソッド)
走行によるタイヤの成長を予測するYOKOHAMA独自のコンピュータ・シミュレーション。
新品タイヤに、空気を入れ膨らませて熱を加えると、
タイヤの形状がセットされる性質を利用した方法。
これにより、タイヤの成長によるタイヤ各部に生じる歪を正確に解析。
走行時のタイヤの微小な変化までを考慮。 より厳密に歪を予測して完成した 歪コントロールプロファイル。
トラック・バス用ラジアルタイヤは新品状態よりも、成長した状態での使用期間が長い。YOKOHAMAでは、この現実に対応できるアンチエイジング性能のあり方を研究。走行時の発熱によって、タイヤの内部温度が上昇する。これがタイヤの外径を微小に成長させる原因。一般的に4〜5万キロ走行すると安定期に入るが、その時点までに外径が成長する。耐久性などの性能評価は、この成長後の形状を前提に行うことが望ましいとされてきたが、従来の性能予測は新品タイヤの状態で行われているため、必ずしも厳密とは言えなかった。こうした課題を解決するために「D.I.P.M.(ダブル・インフレーション・プレッシャー・メソッド)」と呼ぶ独自のシミュレーション手法を開発。コンピュータ・シミュレーションを用いて、タイヤ内部に生じる歪を正確に解析。Zコンセプトではトータル歪コントロールを実施。トレッド部の走行成長が均一になる耐久性の高いタイヤプロファイルを実現している。
歪コントロールプロファイル
歪コントロールプロファイル
歪コントロールプロファイルにより、歪エネルギーを低減
新規プロファイルの開発
新規プロファイルの開発
新品から成長過程でのトレッドを均一にする。
  COPYRIGHT (C) 2016 THE YOKOHAMA RUBBER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.