YOKOHAMA
HOME プレスリリース お問い合わせ サイトマップ
タイヤ ホイール ショップ検索 イベント_ギャラリー チェックでスマイル
タイヤ ECOタイヤDNA YOKOHAMA
HOME > タイヤ:商品情報 > BluEarth RV-02
タイヤ
BluEarth RV-02 ブルーアース・アールブイゼロツー
保有偏平率
35 / 40 / 45 / 50 / 55 / 60 / 65
BluEarth RV-02
ブルーアース・アールブイゼロツー
パターンナンバー:RV02
このようなお客様に
大切な家族やたくさんの荷物を乗せて走る機会が多いミニバンだからこそ、タイヤ選びは「安全第一」を考えたいもの。
低燃費性能が同じ「A」の低燃費タイヤでも、ウェットグレード「a」と「b」では、制動距離に差があります。
ブルーアース RV-02は最高グレードのウェット性能「a」を獲得しました。
 
クルマから探す
ブランドから探す
サイズから探す
スタッドレスタイヤ
PROFORCE トラック&バス用タイヤ情報
タイヤをお選びいただく際に必ずお読みください。
重量のあるミニバンは、制動距離が長い。

重いミニバンに多くの同乗者やたくさんの荷物を乗せると、制動距離がさらに長くなりがちです。
 
高重心のミニバンは、ふらつきやすい。

背が高く高重心のミニバンは、カーブやレーンチェンジでふらつきがちです。
 
雨の日は、交通事故件数が約5倍に※。

首都高速での事故発生件数は、雨天時には晴天時の約5倍になります。

※2012年 首都高速道路株式会社調べ
 
大切な家族やたくさんの荷物を乗せて走る機会が多いミニバンだからこそ、
タイヤ選びは「安全第一」を考えたいもの。低燃費性能が同じ「A」の低燃費タイヤでも、ウェットグレード「a」と「b」では、制動距離に差があります。
ブルーアース RV-02は最高グレードのウェット性能「a」を獲得しました。
 
●ウェット制動距離 比較品 RV02 A/a:46.8m、RV01 A/b:52.4m <試験方法>当社テストコースにてGPS付計測器装着によるブレーキ試験を実施。 各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、ABS作動、速度:100km/h、水深:約1mm
 
従来モデルである「RV-01」の低燃費性能「A」を確保しつつ、より雨に強いゴムを新開発。ウェット性能を高める「ダブルシリカ」を採用し、さらに接地性を向上する「オレンジオイル」も増量しています。  
PAGE TOP
ヨコハマ独自のシミュレーション技術で、性能を最適化。
独自のシミュレーション技術を駆使して、耐偏摩耗性を含むさまざまな性能を検証。 ベストな性能バランスを追求しています。
偏摩耗しにくい。マウンド・プロファイルを採用。
センターに配置された3つの凸リブは、それぞれ最適化したアーチ型の断面形状を持つ「マウンド・プロファイル」を採用。これにより、走行時の均一な接地圧分布を実現。偏摩耗を抑制します。
両サイドの片減りに対応し、接地圧分布を均一化。
タイヤのアウト側に負担がかかるコーナリング時、またイン側に負担がかかるローダウン時のどちらにも対応できるよう接地形状を最適化。独自のシミュレーション技術とマウンド・プロファイルの効果が表れています。
PAGE TOP
耳障りなパターンノイズを抑制する、 5ピッチ・バリエーションを採用。
独自のパターン設計による静音技術を採用。タイヤの周方向に対して、長さの異なる5種類のピッチ・バリエーションをランダムに配置。 音圧シミュレーションにより最適化しています。音の周波数をコントロールして、耳障りな音域のノイズを抑制。ミニバンの車内にこもりがちなパターンノイズを低減します。  
 
タイヤ後方の空気の乱流を抑制するディンプルショルダーを採用。

タイヤの空気抵抗は、燃費を悪化させる要因のひとつです。タイヤサイドの「ディンプルショルダー」は、タイヤ後方で発生する気流の乱れを抑え、空気抵抗を低減します。
 
タイヤサイドの空気抵抗低減に配慮した フラットなサイドロゴデザイン。

タイヤが受ける空気抵抗は、クルマの燃費を悪化させる要因のひとつ。刻印されたロゴマークにも、空気抵抗を減らすためにフラットな加工を施しました。
 


タイヤの空気圧の低下は安全性能の低下をまねき、さらには低燃費性能や乗り心地まで悪化させてしまいます。「エアテックス アドバンスドライナー」は、ゴムと樹脂を組み合わせたヨコハマ独自の特殊な素材です。タイヤの空気を抜けにくくすることで、ドライバーの空気圧管理をサポートします。
 
PAGE TOP
 
●ウェット制動距離
比較品 RV02 A/a:46.8m、RV01 A/b:52.4m <試験方法>当社テストコースにてGPS付計測器装着によるブレーキ試験を実施。各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、ABS作動、速度:100km/h、水深:約1mm
●ドライ制動距離 比較品 RV02 A/a:41.8m、RV01 A/b:42.4m <試験方法>当社テストコースにてGPS付計測器装着によるブレーキ試験を実施。各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、ABS作動、速度:100km/h
 
●ウェット操縦安定性(ラップタイム) 比較品 RV02 A/a:54.60秒、RV01 A/b:56.72秒 <試験方法>当社テストコース内ウェット低μハンドリング路の走行ラップタイムを計測。各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×6.5J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(3,500cc、前輪駆動)、水深:約1.0mm ●ドライ操縦安定性(ラップタイム) 比較品 RV02 A/a:6.74秒、RV01 A/b:6.90秒 <試験方法>当社テストコースにてパイロンスラローム走行を実施し走行タイムを計測。各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、パイロン6本(間隔35m)、走行距離:35m×5=175m
 
●ウェット円旋回(横向き加速度) 比較品 RV02 A/a:4.946m/s2、RV01 A/b:4.646m/s2 <試験方法>当社テストコース内スキットパッド路でR30のウェット走行ラップタイムを計測。各タイヤ3回計測を行い、平均値を算出し横向き加速度を算出。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、水深:約3.0mm ●ころがり抵抗係数 比較品 RV02 A/a:8.16N/kN、RV01 A/b:8.16N/kNで、同等。<試験方法>当社室内ドラム抵抗試験機による、ころがり抵抗係数(RRC)を測定。(フォース式)<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×6.5J、空気圧:210kPa、試験速度:80km/h、負荷荷重:5.57kN
  ●パターンノイズ(音圧レベル) 比較品 RV02 A/a:55.4dB(A)、RV01 A/b:56.3dB(A) <試験方法>当社テストコースにて周回路を走行した際の車内音を測定。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa 、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、速度:60km/h
 
  ●ロードノイズ(音圧レベル) 比較品 RV02 A/a:運転席61.9dB(A)、2列目62.6dB(A)、3列目65.0dB(A)、RV01 A/b:運転席63.0dB(A)、2列目63.6dB(A)、3列目66.2dB(A)<試験方法>当社テストコースにてロードノイズ路を走行した際の車内音を測定。<試験条件>タイヤサイズ:215/60R17 96H、リムサイズ:17×7J、空気圧:240kPa、荷重:2名乗車相当、車両:トヨタ アルファード(2,400cc、前輪駆動)、速度:60km/h ※指数は小数点第1位を四捨五入した値。
※音圧差での騒音エネルギー低減率の換算式は、

 
 
PAGE TOP