YOKOHAMA
HOME プレスリリース お問い合わせ サイトマップ
タイヤ ホイール ショップ検索 イベント_ギャラリー チェックでスマイル
プレスリリース
HOME > プレスリリース > 低燃費タイヤ「BluEarth RV-01」新発売
プレスリリース
プレスリリース
2010.12.09 低燃費タイヤ「BluEarth RV-01」新発売
PDF PDF版(361KB)
「環境+人に優しい」グローバルコンセプト「BluEarth」ミニバン専用プレミアム

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)は「環境性能のさらなる向上+人に、社会に優しい」をテーマとしたヨコハマの新しい低燃費タイヤ「BluEarth(ブルーアース)」シリーズのミニバン専用プレミアムタイヤ「BluEarth RV-01(ブルーアース・アールブイゼロワン)」を2011年2月1日より発売する。同商品は全サイズにおいて、タイヤのラベリング制度で「ころがり抵抗性能:A、ウェットグリップ性能:b」にグレードされる。発売サイズは245/35R20 95W〜195/65R15 91Hの全24サイズで価格はオープンプライス。

「ブルーアースRV-01」は「低燃費と安心感の、ミニバン専用プレミアム」をテーマとして開発した。タイヤラベリング制度で「A/b」の性能を実現するために新開発の「ナノブレンドゴム」を採用。「ナノブレンドゴム」は複数のポリマーをそれぞれの特性が最大限に発揮される比率でブレンドしつつ、ゴムの混合だけでなく化学反応もコントロールすることでシリカ、オレンジオイルとの結合力を向上。優れた低燃費性能に加え、ウェットグリップ性能、耐摩耗性能を高いレベルで実現した。また、構造とプロファイルを一新し、ミニバンに起こりがちなふらつきを抑える剛性を確保し、さらに後部座席と3列シートでの静粛性を向上させた。

また、ヨコハマ独自の新素材インナーライナー「AIRTEX advanced liner(エアテックスアドバンスドライナー)」を偏平率50以下のサイズに採用。従来タイヤに比べ、空気漏れを抑制することにより、空気圧低下による燃費と耐久性悪化などのリスクを軽減した。「ブルーアースRV-01」は低燃費性能に加え、ミニバンのためのしっかり感や安全性能、同乗者への優れた静粛性や快適性を提供するとともに、人にやさしい性能として空気圧メンテナンスをサポートし、周辺環境に対する車外通過騒音の低減を実現するなど、大型高級ミニバンに最適なプレミアムタイヤとなっている。

「BluEarth」は、10年以上にわたって発売してきたエコタイヤ「DNA」シリーズの「ころがり抵抗低減による燃費の向上」を基盤とし、さらなる環境性能の向上に加え、ドライバーや同乗者、さらに周辺生活環境に対する負荷低減(やさしさ)性能の実現をメインテーマとしている。「地球環境に良く、快適であり便利なタイヤとは何か?」を使う人の視点から考えた新しいタイヤづくりを進め、今後はグローバルコンセプトとして海外市場にも展開していく。

BluEarth RV-01

ミニバンにふさわしい「黄金比」を追求した「ナノブレンドゴム」採用
ヨコハマの新たな基幹コンパウンド技術「ナノブレンドゴム」を採用。低燃費、ウェット、耐摩耗という3つの性能の「黄金比」を導き出すため、特性の異なる素材の化学反応をコントロール。特に安心感を高めるためにウェット性能を追求した。

ミニバン専用タイヤに初採用の「オレンジオイル」
ヨコハマの独自素材「オレンジオイル」は「ナノブレンドゴム」の基本素材のひとつ。制動時、コーナリング時に発熱を促進するベースポリマーとシリカ配合に加えて、この「オレンジオイル」を配合。ゴムをしなやかにして路面への追従性を高め、グリップ性能を向上する。

タイヤの空気漏れを抑制する独自素材「AIRTEX」採用
タイヤの内側に装着されるインナーライナーに「エアテックス アドバンスドライナー」を採用※。ゴムと樹脂を組み合わせた特殊素材が自然な空気漏れを抑制。低燃費性能や乗心地を悪化させる空気圧の低下を抑え、ドライバーの空気圧管理をサポートする。
※偏平率50シリーズ以下に採用。

静かさと安定感の非対称パターンを継承&剛性強化プロファイルを新開発
高レベルの「静かさと安定感」を追求した「GRAND map」のパターンを継承しつつ、ミニバンに起こりがちな「ふらつき」を抑制する新プロファイルを開発。サイドの「たわみ」を適正化して接地面のふらつきを抑制。さらなる安心感を実現した。

発売サイズ