HiTES(ハイテス)は経済性を高め環境に優しい輸送を実現します

適正なタイヤ空気圧管理のメリット

■ 燃費の向上と排ガス(Co2)の削減、偏摩耗抑制を期待できます。
■ 点検・整備が手軽になり、車両の稼動率アップが目指せます。
■ タイヤ不良によるタイヤ費の負担を削減できます。
■ リトレッドタイヤを使う時、履歴を把握することで安心感が一層増大します。
■ 廃タイヤを減らすことで、環境への負荷低減を期待できます。

タイヤの整備不良の1位は空気圧不足です

(社)日本自動車タイヤ協会(JATMA)のタイヤ点検結果では、貨物系車両のタイヤ整備不良の要因はタイヤの空気圧不足が1位。
空気圧管理の難しさが分かります。

タイヤの整備不良の1位は空気圧不足です

タイヤの空気は自然に抜けています

タイヤの空気圧は自然と低下する為、定期的な管理が必要です。
通常1ヶ月で20~30kPa程度空気圧が低下します。 また空気圧は温度の影響を受ける為、外気温度変化の大きな秋から冬はいつも以上に小まめな点検と管理が必要となります。 タイヤの空気は自然に抜けています

空気圧不足は経済性を低下させます

タイヤの空気圧不足は燃費の悪化による環境への負荷の増加(CO2排出量の増加)や、タイヤ寿命へ影響を及ぼします。
一般的には、空気圧が100kPa低下すると走行抵抗が増す事から、燃費を約1.5%悪化させると言われています。
摩耗では5~10%早くなるといわれています。>空気圧不足は経済性を低下させます

コストシミュレーター

適正空気圧より低い空気圧での走行を続けると、燃費が悪くなったり、偏摩耗を引き起こすなど、タイヤの本来の性能が発揮されにくくなります。
下記、空欄へ使用条件を入力することで、空気圧100kPa低下状態で運用した場合での試算ができます。

計算する

※空気圧100kPa低下した状態で1年間運用、燃費悪化率1.5%、摩耗悪化率10%と仮定した場合の試算
※上記コストシミュレーションは理論上の計算値であり、算出値を保障するものではございません。