GEOLANDAR SUV

GEOLANDAR ジオランダーインプレッション

GEOLANDAR IMPRESSION [メディアプランナー塚田卓弥 GEOLANDAR SUV インプレッション]

塚田卓弥氏

コロラド州ベイルというラグジュアリーリゾートでスキー教師をしている傍ら、スノーボードにはまり帰国。ボードカルチャーを日本のリゾートに初めて持ち込んだ張本人。日本最大のスノーボードの情報サイト「SBN」をはじめ「雪番長」「OUTLAND」「UNTRACKED」等を運営する(株)スタジオジャパホの代表。アップルストアでの講演会をはじめ、EC大賞受賞等 ITを活用した社会起業家として活躍中。2007年より国内外でヘリスキー・スノーボードサービスを実施しており、2013年に日本の国定公園を有効活用していこうという「NPO法人JAPAHO」を設立。現在もなおスノーボード・スキーを抱えて世界中の雪山やフィールドをサーチし続けている。1968年生まれの天秤座 B型。
[LINK] 塚田卓弥オフィシャルブログ :http://untracked.japaho.com/untracked/blog/tak/

塚田卓弥氏ご尊顔
イメージカット 相棒フォード・エクスプローラーと塚田氏

アウトドアの相棒はフォード・エクスプローラー

ボクの愛車は2006年式のフォード・エクスプローラー。エコカーブームで盛り上がる昨今ですが、このサイズ感と悪路や雪道の走破性は大きな魅力です。冬はスキーやスノーボードを積んでゲレンデに、オフシーズンは美しい景色を求めて日本全国のキャンプ場へと走り回ってくれる頼れる相棒です。堂々としたボディとキャンプ道具を満載できるラゲッジスペースはまさに“アメリカンSUV”ですね。アウトドアライフを満喫できる有り余る魅力はエクスプローラーならではだと思っています。

SUVのネガティブさを解消する魔法のタイヤ

イメージカット 高速道路を疾走するGEOLANDAR SUV装着のフォード・エクスプローラー お気に入りのエクスプローラーですが、気になっていたのは大型SUVならではのステアリング・レスポンス。車両重量が2トンを超えているので、高速道路でのレーンチェンジやコーナーでのハンドルを切ってからワンテンポ遅れてボディが曲がる感覚は、しょうがないものだと諦めていましたが、ヨコハマタイヤの「ジオランダーSUV」に履き替えてみると、今までの憂鬱が嘘のように解消されました。まず、高速道路でのレーンチェンジはステアリングの舵角に対してリアルに追随するというか、切った分だけ「スパッ」とクルマが向きを変えてくれる。スキーに例えると、エッジに乗るイメージですね。自分が頭で思い描いたコースを忠実にトレースできる感覚に近い。だから運転するのがとても楽になりました。純正装着されていたタイヤよりもしっかりしていることがリニアに感じられ、その剛性感は横方向だけでなく、縦方向を含めた全方位に体感できます。ブレーキングの時にもタイヤがボディ重量に負けることがないので、しっかり感は格段に向上しました。でも、剛性が上がったことによる「ゴツゴツ感」は全くなく、助手席やリヤシートのパッセンジャーが体感する乗り心地は、ワンランク以上アップしたように感じるのではないでしょうか。ジオランダーSUVはオーナーにとって、まさに「魔法のタイヤ」って感じですね。

イメージカット ワインディングロードを疾走するGEOLANDAR SUV装着のフォード・エクスプローラー

苦手だったワインディングが楽しくなったボクが通っているキャンプ場は山間部が多く、キャンプ場までは一般道、高速、そしてワインディングを多用します。高速での走行性能の良さは先ほどもお話した通りですが、なんと言ってもワインディングの走りが格段に向上したのには驚きましたね。葛折(つづらおり)のタイトなコーナーでもボディが不安定になることもなく、思った通りのラインをトレースしてくれるので、ハンドルを切り増しすることが無くなりました。2トンを超える車両重量に加えトランクにキャンプ道具を満載し、家族や友人を乗せている大型SUVにとってワインディングの走りは大きな弱点でしたから…(笑)タイヤを交換したことで、クルマが「ピシッ」とした印象ですね!

車内の静粛性が格段にアップ!

趣味のキャンプでは日本全国のフィールドを目指してロングドライブをすることが多く、長時間の運転をしていると路面からのロードノイズの大きさが気になるんですよ。自分自身を「SUVだから…」と納得させていたのですが、ジオランダーSUVに履き替えてから車内の静粛性は驚くほど良くなりました。SUVというよりも高級セダンに乗っているようなクルージング感は、長い距離を走れば走るほど有り難く感じます。車内での会話も大きな声を出さなくてもすみますから。それに、ジオランダーSUVに交換してから車がスーっと動く感じがあるので燃費性能にも効果がある気がします。高いグリップ性能と静粛性、さらに燃費性能まで向上するとは「ジオランダーSUV…恐るべし!」って感じですね(笑)。

イメージカット 高速道路を疾走するGEOLANDAR SUV装着のフォード・エクスプローラー

行き帰りの運転が楽になると遊びに集中できる

イメージカット GEOLANDAR SUVタイヤ

快適なオンロード性能を追求した新時代のSUVタイヤ。低燃費性能、高耐久性を発揮するポリマーをブレンドすると共に、高いグリップ力を発揮するオレンジオイルを配合。コントロールに優れ、高い静粛性を発揮する。

問 横浜ゴム お客様相談室
0120-667-520
http://www.yokohamatire.jp/

img_vol1_12正直、タイヤ選びでクルマの快適性がこんなにも向上するとは思っていませんでした。快適性が向上することで、ドライブでの疲労は格段に軽減されました。今までは帰りの運転を考えると、少しだけ「余力」を残しておかないと辛くなってしまいましたが、今では思いっきり遊びに集中しても、帰りの運転が苦になりません。ボクのように遠くのフィールドまでドライブするアウトドアマンにとって、このジオランダーは大きな味方になるはずです。今、愛車のエクスプローラーの走行距離は13万㎞を超えましたが、ジオランダーSUVとのコンビなら日本全国のフィールドを目指して20万㎞でも、30万㎞でも走れそうですね(笑)。

アウトドアに欠かせない逸品

ボクはキャンプに行くとき「自然の中だからアナログな道具」と決めつけることはありません。快適なキャンプサイトを家族や友人とシェアできればと考えています。そんな時、「iPad」は便利ですね。プロジェクターを持参してタープに撮影した映像を写したり、木陰でノンビリと電子書籍を読むこともできます。そして、美味しいコーヒーを入れるために「ジェットボイル」は欠かせません。風に左右されない火力の強さとコンパクトに収納できるデザインが秀逸ですね。また、リラックスして座れるブルーリッジ・チェアワークスの「BRチェア」もお気に入り。座面が低い木製チェアは自然と一体化した気分が味わえ、楽しいキャンプを演出してくれます。

文/並木政孝 写真/山本智

ttl_gallery

GEOLANDAR ギャラリー1 GEOLANDAR ギャラリー2 GEOLANDAR ギャラリー3 GEOLANDAR ギャラリー4 GEOLANDAR ギャラリー5 GEOLANDAR ギャラリー6 GEOLANDAR ギャラリー7 GEOLANDAR ギャラリー8 GEOLANDAR ギャラリー9 GEOLANDAR ギャラリー10 GEOLANDAR ギャラリー11 GEOLANDAR ギャラリー12
PAGE TOP 今回使用したタイヤはこちら →GEOLANDAR SUV Impression | GEOLANDAR × Takuya Tsukada