YOKOHAMA
HOME プレスリリース お問い合わせ サイトマップ
タイヤ ホイール ショップ検索 イベント_ギャラリー チェックでスマイル
チェックでスマイル
HOME > チェックでスマイル > タイヤの損傷-2

タイヤの損傷-2

カット

タイヤの損傷は、ごく軽いものから、ドライバーの安全を脅かすものまでさまざまです。

カットは、路上の障害物による外傷、複輪間の石噛みによる傷などがあり、損傷の形状は

  1. 切り傷……一般的な傷
  2. 擦り傷……縁石等による損傷
  3. えぐり傷…石噛みによる傷
  4. 打ち傷……タイヤチェーン等による傷

に大別されます。傷の程度は、表面のゴム層が損傷したものから、コードまで切れたもの、タイヤ内部にまで貫通したものまであります。

<原因>

タイヤが路上の障害物に接触、激突したり、その他外部物体から限界以上の衝撃や擦過を受けたときにカットが生じます。

  1. 障害物からの衝撃、擦過。
  2. 石噛み等の異物。
  3. 空気圧不足、過荷重による局部的な過度の圧縮伸長。
  4. 空気圧過多による必要以上の緊張。
  5. 鋭い障害物。

切り傷


擦り傷


えぐり傷


打ち傷

クラック(ゴム割れ)

クラックとはゴム層表面に発生するゴム割れで、その形状により、

  1. 縦方向のクラック
  2. 円周方向のクラック
  3. 斜め方向のクラック
  4. チェッキング

に分類されます。クラックには、物理的力が加わって発生する物理的クラックと、ゴムが化学的に反応劣化して発生する化学的クラックがありますが、一般的には両者が複合して発生します。

<原因>
  1. 空気圧不足、過荷重および過度の屈伸。
  2. カットなどで局部に応力が集中する。
  3. 薬品(つや出し剤)によるゴムの化学的劣化。
  4. 紫外線、オゾン、熱などによる劣化。

縦方向のクラック


円周方向のクラック


斜め方向のクラック


チェッキング(ひび割れ)

チッピング(ゴム剥離やゴム欠け)

トレッド部がゴム欠け状態になり、また、うろこ状にゴムが剥離したり、局部的にささくれた状態。ひどい場合はコードが露出することもあります。

<原因>

次のような場合、トレッドに限界を超えた引き裂き力を受け、ゴム剥離やゴム欠けを起こします。

  1. 悪路での過荷重、乱暴な運転(急駆動、急ブレーキ)。空気圧過多の場合は損傷発生を促進します。
  2. ブレーキ・テスター機種の選定誤りや、取り扱い誤り。

テアー(底部の裂け)

トレッド部のゴムが「裂ける」損傷。主にリブ型タイヤのショルダーよりの溝に発生し、ひどい場合はゴムが引きちぎられた状態になります。

<原因>
  1. 空気圧不足、過荷重および過度の高速走行。
  2. 縁石乗り上げなどによる極端な荷重集中。
  3. 過大なねじれがタイヤに加わる。
  4. 石噛みやその他の外傷。

まだまだあります、タイヤの損傷。さらに詳しく知りたい方は次へ!

このページのトップへ