YOKOHAMA
HOME プレスリリース お問い合わせ サイトマップ
タイヤ ホイール ショップ検索 イベント_ギャラリー チェックでスマイル
チェックでスマイル
HOME > チェックでスマイル > タイヤの損傷-1

タイヤの損傷-1

タイヤに傷や割れを見つけたら点検を!

丈夫そうに見えるタイヤでも、障害物に当たると傷が入ることがあります。特にコードに達している傷や割れのあるタイヤは危険です。傷を発見したら、すぐにタイヤ販売店で点検を受けてください。

タイヤに傷をつけないために

タイヤのサイド部はゴムが薄く、傷の付きやすい部分です。縁石や障害物への「乗り上げ」、縁石へのサイド部の「こすり」は避けて走行してください。障害物を避けられない場合は、障害物に低速で、なるべく直角に進入して乗り越えましょう。

主な傷の種類
カット
タイヤが路上の障害物に接触、激突したときに生じます。
クラック(ゴム割れ)
物理的な力が加わったり、ゴムが化学的に反応劣化して発生します。
チッピング(ゴム剥離やゴム欠け)
悪路での過荷重や乱暴な運転などにより生じます。
テアー(底部の裂け)
空気圧不足、過荷重、過度の高速走行などにより生じます。

では、実際にどんな症状なのか、原因はなんなのか見てみましょう。

このページのトップへ