YOKOHAMA
HOME プレスリリース お問い合わせ サイトマップ
タイヤ ホイール ショップ検索 イベント_ギャラリー チェックでスマイル
チェックでスマイル
HOME > チェックでスマイル > タイヤの空気圧-1

タイヤの空気圧

適正な空気圧にして安全走行を!

タイヤに入っている空気は、少なすぎても多すぎても、タイヤにダメージを与えてしまいます。空気圧が不足しているとタイヤが熱を持ちすぎてしまいますし、剥離やコード切れの原因にもなります。また、空気圧過多の場合には、衝撃傷や切り傷を受けやすくなってしまいます。

空気圧不足 空気圧過多
  • トレッド両肩の異常摩耗を起こしやすい。
  • ハイドロプレーニング発生のスピードが低くなる。
  • 操縦安定性を損なう。
  • 燃費が悪くなる。
  • 発熱による故障を起こしやすい。
  • トレッドセンターの異常摩耗を起こしやすい。
  • 縁石などで傷を受けやすい。
  • はねるような乗り心地になる。
タイヤ空気圧で守りたいこと
  1. タイヤが冷えている時に、クルマに指定されている空気圧に調整しましょう。
  2. タイヤの空気圧は自然に漏れて低下するので、月に1度は必ずエアゲージで点検しましょう。
  3. バルブキャップを付けておきましょう。
  4. バルブからの空気漏れの点検を行いましょう。
  5. リムラウンジ部に変形がないか点検しましょう。
このページのトップへ